事業承継について

事業承継とは?

会社の事業を円満に後継者へ引き継ぐこと

事業承継とは、会社の経営資源と資産を後継者へ円満に引き継ぐことをいいます。

近年、中小企業の経営者の高齢化、後継者不在による事業承継問題が深刻化しており、将来の事業存続に課題や悩みを抱える企業が多くなっています。
また、ひと言に事業承継といっても承継する内容や方法は様々で、それぞれの会社に合わせた対策が必要です。

事業承継の構成要素

  • 人(経営)の承継~経営権
  • 資産の承継~自社株式、事業用資産、資金
  • 知的資源の承継~経営理念、技術・ノウハウ、人脈、営業秘密

事業承継の3つの方法

  • 親族内承継~経営者の子どもや親族へ承継する
  • 従業員承継~親族以外の役員や従業員へ承継する
  • 社外への引継ぎ~株式譲渡やM&Aにより承継する

事業承継を実行するまでの「5つのステップ」

事業承継計画書とは?

自社を取り巻く状況を踏まえて、事業承継を着実に進めていくために、具体的な「事業承継計画」を策定します。円滑に事業を引き継ぐため、後継者とともに、株式や資産、代表権の承継時期等を記載した事業承継計画を策定しましょう。
当センターでは、専門家を派遣して事業承継計画の策定を支援しています。

参考雛形:

ページ最上部へ